京堆肥の使い方

京堆肥の使い方をご紹介します。

  1. 土壌改良材として
  2. マルチング材として

土壌改良材として

◆Before◆
土壌改良前
◆After◆
土壌改良後

土壌の団粒化を進め、土が軟らかくなります。空気や水の通りがよくなり、保水性・保肥性もよくなります。作物の根の生育に最適な環境を作ることができます。
土壌改良・土づくりは、きれいなお花、美味しい野菜作りの基本です。
家庭菜園や貸し農園の畑や田んぼ、プランターや鉢などコンテナの土の土壌改良にご利用ください。
[詳しく見る]


マルチング材として

◆京堆肥でマルチング◆
京堆肥でマルチング

マルチングとは、雑草防除や地温の保持、保水などを目的に、地表面に覆いをすることを言います。
ビニールや紙など、さまざまな資材がありますが、京堆肥も、マルチング材として使用できます。
ほかのマルチング材とは異なり、表面に敷くだけでも土壌改良材としての効果も発揮します。
[詳しく見る]



京堆肥

京堆肥

畑や花壇、お庭、プランターの土作りに。
夏野菜の土作りにどうぞ。土作りは植え付け2週間前が基本ですヨ。
[製品詳細へ]
[お問い合わせ]

京堆肥40リットル 京堆肥20リットル

40リットル袋は、約1平方メートル分です。
京堆肥20リットル袋は[楽天市場そのきや]にてもご購入いただけます。

【工場直売所営業時間】
9:00〜15:30(日曜日・祝日定休)

大きな地図で見る



株式会社ヨードクリーン お問い合わせはこちら


お問い合わせ 会社案内 株式会社ヨードクリーン