粉砕チップ

剪定枝葉をリサイクル。堆肥化前の粉砕物。
粉砕チップ

工場直売価格

  • バラ:1,500円(税別)/立米
    トラックなどへのバラ積み販売です。
    • 自社便配達2tダンプ

    • 2tダンプによる4立米/回の自社便配達も承ります。(京都市内及び周辺限定)
      (別途、配達料(3,000円〜(税別))を申し受けます。
      配達料は、配達先への距離により異なります。詳しくはお問い合わせください。)
    •         
    • 大型ダンプでの配送も対応いたしますので、
      お問い合わせ下さい。

      【工場直売所営業時間】
      9:00〜15:30(日曜日・祝日定休)
      [詳細]
      [お問い合わせ]

      大きな地図で見る


      特徴

      持ち込まれた枝葉を、ハンマーですりつぶすように砕くので、発酵が早く進みます。
      茶や果樹、畑やお庭のマルチング材として、また、緑肥の代わりに田畑にお使いいただけます。

      使い方

      マルチング材として

      マルチング材には、さまざまな資材がありますが、粉砕チップもマルチング材として使用できます。
      表面に敷くだけで、少しずつ堆肥化が進み、土壌改良材としての効果も発揮します。
      栽培終了時にゴミ処理の手間が省け、そのまま鋤き込んで次の作物の土壌改良材として使えます。
      雑草の勢いを抑え、地表面からの水の蒸発を防ぎます。

      堆肥を満遍なく、少なくても5cm厚、本当に雑草を防除したい場合は10cmくらいの厚みで敷き詰めてご使用下さい。
      詳しくは、「京堆肥の使い方その2マルチング材として」もご覧下さい。


      土壌改良材として

      京堆肥が土壌の団粒化を進め、土が軟らかくなります。
      空気や水の通りがよくなり(通気性・排水性の向上)、保水性・保肥性もよくなります。

      田畑の上に敷き詰め、半年ほど寝かせてからすきこみます。
      鋤き込んでから苗などの植え付けまで2週間あけてください。
      肥料成分は微量にしか含まれていませんので、栽培する植物にあわせた施肥を行ってください。



      原料

      京都の社寺仏閣や有名庭園をはじめ、個人宅のの庭木や街路樹の剪定枝葉。


      製造工程

      受入れた剪定枝葉等を分類、破砕したものです。ハンマーですりつぶすように砕くので、繊維がつぶれ、発酵が早く進みます。
      詳しくは、「京堆肥ができるまで」もご覧下さい。

      株式会社ヨードクリーン お問い合わせはこちら


お問い合わせ 会社案内 株式会社ヨードクリーン